周作人と日中文化史

伊藤 徳也【編】

[目次]

  • 第1章 日本文化へのまなざし(周作人と雑誌『白樺』
  • 北風の彼方に-周作人「新しき村」の幻影
  • 周氏兄弟の思想的時差-白樺派・厨川白村の影響を中心に
  • 竹久夢二へのまなざし-周作人と豊子〓(がい)
  • 戦前・戦中における周作人の日本文化論と柳田民俗学
  • 特別寄稿・周作人とフォークロア)
  • 第2章 中国文化史の中で(紹興時代の周作人の児童観
  • 周作人の書簡体散文と文人尺牘
  • 一九二〇年代中国における小品文形成と周作人、夏丐尊
  • 耽美派と対立する頽廃派-一九二三年の周作人と徐志摩、陳源
  • 周作人の『国家』意識』
  • 特別寄稿・『周作人訳文全集』編纂余話)
  • 第3章 周作人における思想と文学(近代的"鬼"概念の成立-周作人『孤児記』から魯迅『狂人日記』への系譜
  • 魯迅「狂人日記」材源考-周氏兄弟とソログープ
  • 周作人の『中国新文学の源流』論と「儒家」論について
  • 特別寄稿・"国罵"再考-ある"最終講義")

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 周作人と日中文化史
著作者等 伊藤 徳也
書名ヨミ シュウサクジントニッチュウブンカシ
シリーズ名 アジア遊学
出版元 勉誠出版
刊行年月 2013.5.20
ページ数 236p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-585-22630-7
NCID BB12457376
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想