大相撲の見かた

桑森真介 著

おっつけ、かち上げ、巻き返し、前さばきなどおさえておきたい相撲用語から、攻め方の定石、力士ごとの攻めと防御のタイプまで、何気なく見ていた相撲がもっと楽しくなる取組の見どころ、観戦のツボを解説。知っていそうで知らなかった力士たちの攻防を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 相撲用語を知る(がぶる、おっつける、かち上げる!?非日常的な相撲用語
  • よく耳にする決まり手 ほか)
  • 2章 取組の攻防を見抜く(仕切り〜立合い
  • 攻防 ほか)
  • 3章 現役力士の取り口と勝負の見どころ(多くの力士には得意な攻め方、相撲の型(タイプ)がある
  • 現役力士の取り口、特徴 ほか)
  • 4章 相撲史に残る「昭和・平成の名勝負」(栃錦‐大内山-昭和30年5月場所 千秋楽
  • 栃錦‐若乃花-昭和35年3月場所 千秋楽 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大相撲の見かた
著作者等 桑森 真介
書名ヨミ オオズモウ ノ ミカタ
シリーズ名 平凡社新書 684
出版元 平凡社
刊行年月 2013.5
ページ数 175p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85684-2
NCID BB12455789
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22260388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想