牛乳とタマゴの科学 : 完全栄養食品の秘密

酒井仙吉 著

人間の知恵と執念がつくりだした食品の王様。牛乳とタマゴはどうやって大量生産できるようになったのか、なぜ乳製品やタマゴは体によいのか、タマゴは本当にコレステロールの原因になるのか、バターとマーガリンではどちらが体によいのかなど、牛乳とタマゴに関する身近な話題が満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 牛と牛乳の話(世界における牛の歴史
  • 日本における牛乳と牛肉の夜明け
  • 牛乳を科学する
  • 食品としての牛乳を科学する)
  • 第2部 ニワトリとタマゴの話(ニワトリの祖先
  • タマゴを産むニワトリ、肉をつくるニワトリ
  • タマゴを科学する
  • 食品としてのタマゴを科学する)
  • 第3部 牛乳とタマゴの未来の話(健康とのかかわり
  • 乳牛とニワトリの未来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 牛乳とタマゴの科学 : 完全栄養食品の秘密
著作者等 酒井 仙吉
書名ヨミ ギュウニュウ ト タマゴ ノ カガク : カンゼン エイヨウ ショクヒン ノ ヒミツ
シリーズ名 ブルーバックス B-1814
出版元 講談社
刊行年月 2013.5
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257814-1
NCID BB12453648
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22255631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想