アウトバーンとナチズム : 景観エコロジーの誕生

小野清美 著

環境先進国として名高いドイツ。多くの民族の虐殺が行われたナチス体制期にエコロジー的認識が高まったのはなぜか。本書は、ナチス期テクノクラートの世界を代表するトットと景観工学士ザイフェルトのアウトバーン建設・景観形式をめぐる対立と協働の全体像を明らかにし、開発・巨大技術と自然の融和、自然環境保全への格闘とそれらが残した正負の遺産を描き出す。教養市民層とナチズム、ロマン主義とナチズムという問題に挑戦し、「アウトバーン建設」という切り口から、ナチスの新たな捉え方へと導く一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「緑」のアウトバーン
  • 第1章 郷土保護運動の成立と展開
  • 第2章 フリッツ・トットと「ドイツ技術」理念
  • 第3章 第三帝国におけるアウトバーン建設
  • 第4章 景観形成とエコロジー
  • 第5章 「ステップ化論争」とザイフェルトの自然観
  • 第6章 ナチ東方ゲルマン化政策と景観形成
  • 終章 景観エコロジーとナチズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アウトバーンとナチズム : 景観エコロジーの誕生
著作者等 小野 清美
書名ヨミ アウトバーン ト ナチズム : ケイカン エコロジー ノ タンジョウ
シリーズ名 MINERVA歴史叢書クロニカ 7
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.5
ページ数 378,48p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06591-2
NCID BB12452995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22252011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想