日本語は「空気」が決める : 社会言語学入門

石黒圭 著

なぜ、方言はうらやましがられたり、馬鹿にされたりするのか。『となりのトトロ』のサツキとカンタの会話から、何が分かるのか。あの人はなぜ自分のことを「オレ」と言ったり「ぼく」と言ったりするのか。ママと呼んでいたのがかあさん、おふくろ、母親、と変化するのはなぜか。状況に合った敬語が使えるようになるにはどうしたらよいのか…。学校では教わらない、でも、一番「伝わる」日本語とは…?「生きた言葉」と、環境(社会)との関係を科学する-「ことばの社会学」の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会言語学とは何か
  • 第2章 地域に根ざした言葉
  • 第3章 話し手に根ざした言葉
  • 第4章 聞き手に合った言葉
  • 第5章 状況に合った言葉
  • 第6章 伝達方法に合った言葉
  • 第7章 日本語の人称表現
  • 第8章 言葉と言語
  • 第9章 言葉と文化
  • 第10章 言葉の変化
  • 第11章 言葉と政治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語は「空気」が決める : 社会言語学入門
著作者等 石黒 圭
書名ヨミ ニホンゴ ワ クウキ ガ キメル : シャカイ ゲンゴガク ニュウモン
書名別名 Nihongo wa kuki ga kimeru
シリーズ名 光文社新書 643
出版元 光文社
刊行年月 2013.5
ページ数 293p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03746-8
NCID BB12452805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22253242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想