ヘーゲル初期哲学論集 = Erste Druckschriften zur Philosophie

G.W.F.ヘーゲル 著 ; 村上恭一 訳

聖職者の道を断念した若きヘーゲルは、哲学者となることを決意、神学校の年下の友人シェリングと、当時斯界に大きな位置を占めていたフィヒテの哲学体系の差異を論じて、旗幟を鮮明に。イエナ大学の職を得るため、当時の大テーマたる惑星軌道について、ケプラーを称賛、ニュートンを批判しながら独自の自然哲学を展開。差異論文と惑星軌道論により、はじまりのヘーゲルの思考を綿密な注釈とともに読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フィヒテとシェリングとの哲学体系の差異-十九世紀の初頭における哲学の状況を展望するためのラインホルトの寄与に関して(当世の哲学活動にみられる種々の形式
  • フィヒテの体系の叙述
  • シェリングとフィヒテとの哲学原理の比較
  • ラインホルトの見解とその哲学について)
  • 惑星の軌道に関する哲学的論文(ニュートン天文学の原理の批判的論究
  • 太陽系の基礎的原理の哲学的叙述
  • 補遺-惑星間の距離の問題)
  • 惑星の軌道に関する哲学的論文への暫定的テーゼ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘーゲル初期哲学論集 = Erste Druckschriften zur Philosophie
著作者等 Hegel, Georg Wilhelm Friedrich
村上 恭一
ヘーゲル G.W.F.
書名ヨミ ヘーゲル ショキ テツガク ロンシュウ
書名別名 Erste Druckschriften zur Philosophie

Hegeru shoki tetsugaku ronshu
シリーズ名 平凡社ライブラリー 787
出版元 平凡社
刊行年月 2013.5
ページ数 547p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76787-2
NCID BB12439487
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22260146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想