明るい原田病日記 : 私の体の中で内戦が起こった

森まゆみ 著

2007年のある日、突然眼に異常を感じた。物が曲がって見える。頭痛、耳鳴りもひどい。「原田病」との診断。原因不明の病を抱え、父を看取り、「谷根千」を終刊。気丈な母、気の置けない仕事仲間などと支え合いながら過ごした、約1年半にわたる稀有な闘病の記録。患者ならではの疑問・質問を二名の医師に尋ねたインタビューとこの病気を発見した原田永之助の人となりを綴った文庫版あとがきを付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 明るい原田病日記(歪んだ世界-2007.4.13‐4.17
  • 腹出し病?-4.18‐4.21
  • お産以来の入院-4.22‐4.25
  • 病棟観察記-4.26‐5.2
  • 副作用はじまる?-5.3‐5.7 ほか)
  • 2 ほんとうに聞きたかったこと(自己免疫疾患とわたし-津田篤太郎医師に聞く
  • 見えるということ-若倉雅登医師に聞く)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明るい原田病日記 : 私の体の中で内戦が起こった
著作者等 森 まゆみ
書名ヨミ アカルイ ハラダビョウ ニッキ : ワタシ ノ カラダ ノ ナカ デ ナイセン ガ オコッタ
シリーズ名 ちくま文庫 も11-10
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.5
ページ数 282p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43058-8
NCID BB12439294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22276818
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想