「動かない」と人は病む : 生活不活発病とは何か

大川弥生 著

「動かない」から「動けない」。高齢化時代の新しい常識!誰の身にも起こりうる病気を徹底解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 病気がきっかけで生活不活発病に
  • 本人と家族の積極的取り組みを
  • 外の世界とのかかわり
  • 日常生活の中で
  • 障害に生活不活発病が加わることも多い
  • 「寝たきりを防ぐ」から「つくられた歩行不能を防ぐ」時代へ
  • 遠隔介護予防のすすめ
  • 病気としての生活不活発病の特徴
  • 生活不活発病研究の歴史
  • 善意の支援が生活不活発病を生む?
  • 人が「生きる」ことの構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「動かない」と人は病む : 生活不活発病とは何か
著作者等 大川 弥生
書名ヨミ ウゴカナイ ト ヒト ワ ヤム : セイカツ フカッパツビョウ トワ ナニカ
書名別名 Ugokanai to hito wa yamu
シリーズ名 講談社現代新書 2207
出版元 講談社
刊行年月 2013.5
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288207-1
NCID BB12435759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22255625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想