嘘の見抜き方

若狭勝 著

プロはどこを見ているのか?嘘をどう崩すのか?元東京地検特捜部検事がそのテクニックを徹底解説。「相手の目を見ず質問する」「嘘を言わずにカマをかける」「イエス・ノーで答えさせない」などその手法は通説を覆すものばかり。嘘がバレるフレーズ、暴けない嘘の条件、誘導尋問のからくりなど、悪用厳禁の経験則も惜しみなく披露。伝説の詐欺師から大物政治家までを取り調べた、検事生活26年の集大成がここに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 人は誰でも嘘をつく
  • 第1章 人が嘘をつく四つの理由
  • 第2章 嘘を見抜くための心得
  • 第3章 嘘つきはこのセリフを使う
  • 第4章 仕草から本心を見抜く
  • 第5章 嘘を暴く質問とは
  • 第6章 難しい敵の攻略法
  • 第7章 自ら真実を語らせるには
  • 第8章 人は気づかぬうちに嘘をつく
  • 第9章 社会は嘘をどう扱うか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 嘘の見抜き方
著作者等 若狭 勝
書名ヨミ ウソ ノ ミヌキカタ
シリーズ名 新潮新書 519
出版元 新潮社
刊行年月 2013.5
ページ数 184p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610519-7
NCID BB12434698
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22253883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想