ラーセン人体発生学

ラーセン [原著] ; G.C.シェーンウォルフ, S.B.ブライル, P.R.ブラウアー, P.H.フランシス-ウェスト 編著 ; 仲村春和, 大谷浩 監訳

[目次]

  • 配偶子形成、受精および第1週
  • 第2週:二層性になり、着床が進む
  • 第3週:三層性になり、体軸が確立する
  • 第4週:胚子をつくる
  • 形態形成と形態形成異常の原理
  • 胎児の発達と患者としての胎児
  • 皮膚と皮膚に由来する構造物の発生
  • 筋・骨格系の発生
  • 中枢神経系の発生
  • 末梢神経系の発生〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラーセン人体発生学
著作者等 Bleyl, Steven B
Brauer, Philip R
Larsen, William James
Schoenwolf, Gary C
仲村 春和
大谷 浩
Francis‐West Philippa H.
フランシス‐ウェスト P.H.
ブライル S.B.
ブラウアー P.R.
シェーンウォルフ ゲイリー C.
書名ヨミ ラーセン ジンタイ ハッセイガク : カラーバン
書名別名 Larsen's Human Embryology

カラー版

Rasen jintai hasseigaku
出版元 西村書店東京出版編集部
刊行年月 2013.5
ページ数 601p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-89013-431-1
NCID BB12415944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22250405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想