猫の伝説116話 : 家を出ていった猫は、なぜ、二度と帰ってこないのだろうか?

谷真介 著

かわいくて、気まぐれで、気ぐらい高く、いまだ野生を失わず、どこか、不気味さも秘めて、すこし悲しい-古くから人間の文化の懐深くで愛され、語り継がれる全国各地の猫の伝説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人語を話す猫
  • 猫と狐の仲
  • 猫と狐の踊り
  • 猫の踊り
  • 猫と狐と狼の関係
  • 招き猫
  • 猫檀家
  • 猫と女房
  • 猫絵の話
  • 猫と湯治
  • 猫と芝居
  • 猫と黄金
  • 忠義な猫の話
  • 和尚と手拭
  • 猫の恩返し
  • 猫嫌い
  • 愛猫が取り憑いた話
  • 猫また屋敷の話
  • 猫またの話
  • 猫の復讐
  • 猫と南瓜
  • 猫殺しと罪と罰
  • 猫と漁師と猟師
  • 老婆と愛猫
  • 猫と鼠
  • 猫と犬

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 猫の伝説116話 : 家を出ていった猫は、なぜ、二度と帰ってこないのだろうか?
著作者等 谷 真介
書名ヨミ ネコ ノ デンセツ ヒャクジュウロクワ : イエ オ デテ イッタ ネコ ワ ナゼ ニド ト カエッテ コナイ ノ ダロウカ
書名別名 Neko no densetsu hyakujurokuwa
出版元 梟社 : 新泉社
刊行年月 2013.3
ページ数 344p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7877-6328-0
NCID BB12404063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22226045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想