数学で何が重要か

志村五郎 著

数学愛好家のための書き下ろし第3巻。代数的整数論で何が重要か、2次形式の理論、強近似定理や数学オリンピック、外国数学者達との交流のことなど。巻末に前著への附録を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 コの字型の原理
  • 2 実数論は教える必要があるか
  • 3 ピタゴラスの定理からHilbertの第三問題まで
  • 4 入学試験と数学オリンピック
  • 5 Galoisを超えて
  • 6 問題の重要性と数学者の趣味
  • 7 代数的整数論で何に注意すべきか
  • 8 代数群における類と強近似定理
  • 9 Quadratic Diophantine equations,the class number,and the mass formula
  • 10 私が会った外国数学者達

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学で何が重要か
著作者等 志村 五郎
書名ヨミ スウガク デ ナニ ガ ジュウヨウ カ
書名別名 Sugaku de nani ga juyo ka
シリーズ名 Math & Science シ20-4
ちくま学芸文庫 シ20-4
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.5
ページ数 171p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09534-3
NCID BB12393422
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22277618
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想