世界を動かす海賊

竹田いさみ 著

海賊事件は遠いアフリカだけの出来事ではない。アフリカ大陸はいま資源開発で活況を呈している。資源のほとんどすべてを海外に頼る日本にとって死活問題である。海賊の出没ポイントはソマリアに限らず、重要な航路や地政学でいうチョークポイントに集中する。公海だけでなく国境をまたぐ彼らの取り締まりは一国では対処できないため、国際連携が進められている。海賊問題は、資源開発や援助、国際犯罪の取り締まりと複雑に絡み合って進行している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 海は日本の生命線(日本のエアラインと国際シッピング
  • 生命線としての国際シッピング ほか)
  • 第1章 危険な海(日本にとっての"危険な海"
  • 公船と民間商船、海上という用語 ほか)
  • 第2章 海賊の実態とその正体(海賊の手口
  • 海賊の装備 ほか)
  • 第3章 国益のための海賊対策(国際社会の対応
  • 日本の海賊対策 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界を動かす海賊
著作者等 竹田 いさみ
書名ヨミ セカイ オ ウゴカス カイゾク
シリーズ名 ちくま新書 1013
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.5
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06718-0
NCID BB12392576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22279526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想