存在の大いなる連鎖

アーサー・O.ラヴジョイ 著 ; 内藤健二 訳

至高の存在である神から、非存在すれすれの被造物へ。この宇宙はあらゆる階層の存在で充満した、連続する鎖の環である-。「存在の大いなる連鎖」とは、プラトンに淵源するこのような観念のことをいう。「充満」と「連続」という、この二つの原理がいわば無意識のうちに人々に作用し続け、西洋において一つの世界観を作ってきたのだった。古代ギリシャから18世紀におよぶ約2000年の観念の歴史を学際的方法で描き出し、学問分野としての「観念史」(history of ideas)の確立を宣言した記念碑的著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 序論 観念の歴史の研究
  • 第2講 ギリシャ哲学におけるその観念の創始-三つの原理
  • 第3講 存在の連鎖と中世思想における内的対立
  • 第4講 充満の原理と新しい宇宙観
  • 第5講 ライプニッツとスピノーザにおける充満と充分理由について
  • 第6講 十八世紀における存在の連鎖および自然における人間の地位と役割
  • 第7講 充満の原理と十八世紀楽天主義
  • 第8講 存在の連鎖と十八世紀生物学の或る側面
  • 第9講 存在の連鎖の時間化
  • 第10講 ローマン主義と充満の原理
  • 第11講 歴史の結果とその教訓

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 存在の大いなる連鎖
著作者等 Lovejoy, Arthur O.
Lovejoy, Arthur Oncken
内藤 健二
ラヴジョイ アーサー・O.
書名ヨミ ソンザイ ノ オオイナル レンサ
書名別名 THE GREAT CHAIN OF BEING
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ラ10-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.5
ページ数 643,9p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09536-7
NCID BB12391507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22277496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想