非正規公務員という問題

上林陽治 著

市町村合併による合理化、労働規制緩和の波のなか「働かない」と叩かれ「サービスが悪い」と批判され、しかし担うべき仕事は増えるばかりの公務員。なかでも非正規・有期の公務員は「官製ワーキングプア」と言われる。その実態とは?公務員法でも労働法でも守られないまま、国を地方を支える人びとの姿を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「定数内臨時教員」という世界
  • 第2章 DV被害者に寄り添う「婦人相談員」
  • 第3章 生活保護行政と非正規ケースワーカー
  • 第4章 非正規公務員という問題
  • 第5章 問題解決にむけた実践と構想
  • 終章 非正規公務員その終わりのはじまり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非正規公務員という問題
著作者等 上林 陽治
書名ヨミ ヒセイキ コウムイン ト イウ モンダイ : トワレル コウキョウ サービス ノ アリカタ
書名別名 問われる公共サービスのあり方
シリーズ名 岩波ブックレット No.869
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.5
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270869-0
NCID BB12391267
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22264462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想