ローマ帝国と地中海文明を歩く

本村凌二 編著

世界遺産など21ヵ所を踏査。西洋史家が説き明かす古代の魅力。北はスコットランドから南はエジプトまで、ヨーロッパと地中海世界を包み込んだローマ帝国。その栄華の跡と名所を21人の学究が探査、撮影して興味深く解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • チルコ=マッシモ-戦車競走の興奮とファシズムの記憶
  • マルクス=アウレリウス帝騎馬像-古代都市ローマにただ一体残された大騎馬像
  • オスティアとポルトゥス-首都ローマを支えた双子の港湾都市
  • ポンペイ-ヴィーナスの街
  • シチリア-ギリシア伝来、劇場文化の花咲く島
  • ミラノ-ケルト、ローマ、そしてキリスト教
  • トリーア-皇帝たちの都、北のローマ
  • リヨンと北辺の町々-都市の華やぎ、支える商人
  • 南仏ミヨーのラ=グローフザンク遺跡-ローマ世界第一の陶工集落
  • アンダルシア遺跡紀行-地中海の息吹と都市文明の恩恵
  • エディンバラ-スコットランドにおけるローマ帝国
  • アテネ-路線バスで古代を巡る
  • オリンピア-「オリンピック発祥の地」を超えて
  • サモトラケ-マケドニアとローマの野望
  • ゴルテュンとクノッソス-ポリスから属州の都、コロニアへ
  • ディデュマ-神の声を聞く地、聞かせる地
  • アンティオキア-忘れられた都市を探して
  • キプロス-ヒューラーテースと呼ばれた神
  • バビロン-天空を仰ぎ見る学知の都市
  • ルクソール神殿-引き継がれる聖性
  • ドゥッガ-カパイトリウムのある町で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローマ帝国と地中海文明を歩く
著作者等 上野 愼也
中西 麻澄
井上 秀太郎
佐藤 昇
大清水 裕
宮崎 亮
岡田 泰介
島田 誠
志内 一興
本村 凌二
桶脇 博敏
池口 守
澤田 典子
田中 創
高橋 亮介
三津間 康幸
中川 亜希
伊藤 雅之
橋本 資久
長谷川 敬
渡辺 耕
書名ヨミ ローマ テイコク ト チチュウカイ ブンメイ オ アルク
出版元 講談社
刊行年月 2013.4
ページ数 415p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-217695-8
NCID BB12366328
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22243645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アテネ : 路線バスで古代を巡る 橋本資久
アンダルシア遺跡紀行 : 地中海の息吹と都市文明の恩恵 木村凌二
アンティオキア : 忘れられた都市を探して 田中創
エディンバラ : スコットランドにおけるローマ帝国 伊藤雅之
オスディアとポルトゥス : 首都ローマを支えた双子の湾岸都市 池口守
オリンピア : 「オリンピック発祥の地」を超えて 宮崎亮
キプロス : チューラーテースと呼ばれた神 上野愼也
ゴルチュンとクノッソス : ポリスから属州の都、コロニアへ 岡田泰介
サモトラケ : マケドニアとローマの野望 澤田典子
シチリア : ギリシア伝来、劇場文化の花咲く島 渡辺耕
チルコ=マッシモ : 戦車競争の興奮とファシズムの記憶 井上 秀太郎
ディデュマ : 神の声を聞く地、聞かせる地 佐藤昇
トリーア : 皇帝たちの都、北のローマ 島田誠
ドゥッガ : カピトリウムのある町で 大清水裕
バビロン : 天空を仰ぎ見る学知の都市 三津間康幸
ポンペイ : ヴィーナスの街 桶脇博敏
マルクス=アウレリウス帝騎馬像 : 古代都市ローマにただ一体残された大騎馬像 中西麻澄
ミラノ : ケルト、ローマ、そしてキリスト教 中川亜希
リヨンと北辺の町々 : 都市の華やぎ、支える商人 長谷川敬
ルクソール神殿 : 引き継がれる聖性 高橋亮介
南仏ミヨーのラ=グローフザンク遺跡 : ローマ世界第一の陶工集落 志内一興
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想