地名に隠された「南海津波」

谷川彰英 著

大阪、名古屋のこの地名を、津波が襲う。太平洋岸の"津々浦々"にある危険な地名、古人からの忘れ得ぬ戦慄のメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 浦・津・川・浜の地名が危ない
  • 第2章 「浦・津・川」モデルの地名に浮かぶ名古屋
  • 第3章 海の孤島だった大阪
  • 第4章 "津々浦々"にある危険な地名
  • 第5章 地名が示す「どこに逃げるか?」
  • 第6章 地名と地形から見える"原発の危険度"
  • 第7章 津波碑からのメッセージ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地名に隠された「南海津波」
著作者等 谷川 彰英
書名ヨミ チメイ ニ カクサレタ ナンカイ ツナミ
書名別名 Chimei ni kakusareta nankai tsunami
シリーズ名 講談社+α新書 580-2C
出版元 講談社
刊行年月 2013.3
ページ数 182p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-272795-2
NCID BB12366237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22221718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想