「深い学び」につながるアクティブラーニング

河合塾 編著

一方通行型の講義のみによる大学教育の限界が指摘され、すでに多くの大学でアクティブラーニングの導入が進む。そして今や、単にアクティブラーニングを導入することだけが目的ではなく、いかに学生を「深い学び」に導くのかが問われる段階へと到達してきている。本書は、資格系を除く全国の国公私大の952学科を対象に詳細な調査結果および、先進事例の実地調査の報告を掲載。加えて、「深い学び」につながるアクティブラーニングを探るシンポジウムの全記録を収録し、今後のアクティブラーニングと、「専門ゼミ」「専門研究」のあり方を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 河合塾からの2011年度大学のアクティブラーニング調査報告
  • 第2部 大学からの事例報告(なぜ多くの授業でアクティブラーニングが導入されるのか-「ちょっと大変だけれど実力がつく大学」の現場から
  • 演習と論文指導によるプラクティカル・エコノミストの育成)
  • 第3部 アクティブラーニングの理論的課題と実践的課題-「深い学び」につながる工夫とは(何をもってディープラーニングとなるのか?-アクティブラーニングと評価)
  • 第4部 課題抽出と解決策のワークショップ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「深い学び」につながるアクティブラーニング
著作者等 河合塾
書名ヨミ フカイ マナビ ニ ツナガル アクティブ ラーニング : ゼンコク ダイガク ノ ガッカ チョウサ ホウコク ト カリキュラム セッケイ ノ カダイ
書名別名 全国大学の学科調査報告とカリキュラム設計の課題
出版元 東信堂
刊行年月 2013.4
ページ数 334p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7989-0169-5
NCID BB12351808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22240437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想