駐日米国大使ジョセフ・グルーの昭和史

太田尚樹 著

満州国が建国された昭和七年、新しいアメリカ大使が東京に着任してきた。以後十年間、数々の忌まわしい事件や出来事を身近に見つめ、日米交渉が暗礁に乗り上げたさなか、ローズヴェルト大統領、ハル国務長官に強く進言して戦争回避に努めた大使である。その名はジョセフ・C.グルー。戦後は天皇制存続、天皇の免責に腐心したことでも知られる親日家であった。本書は、ワシントンの国立公文書館で公開されている機密文書、外交文書、大統領やマッカーサー元帥との書簡、対日ソ連側資料などを多角的に織り交ぜ、グルーの足跡を辿りながら、新しい「昭和史」をひもとくものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 不穏な政情の日本へ
  • 謁見の日
  • 昭和の主役"満洲"
  • 忍び寄る共産主義の脅威と二.二六事件
  • 危ういドイツ熱
  • ヘレン・ケラーの来日
  • 日中戦争の始まり
  • 日米間を揺さぶったパナイ号事件
  • 経済制裁へと進むアメリカ
  • 運命の三国同盟締結
  • 追い詰められる日本
  • 開戦へのカウントダウン
  • 開戦前夜の攻防
  • 東京で迎えた日米開戦
  • この桜が咲くころには

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 駐日米国大使ジョセフ・グルーの昭和史
著作者等 太田 尚樹
書名ヨミ チュウニチ ベイコク タイシ ジョセフ グルー ノ ショウワシ
書名別名 Chunichi beikoku taishi josefu guru no showashi
出版元 PHP研究所
刊行年月 2013.3
ページ数 281p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-569-81179-6
NCID BB12348574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22222022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想