生命と医療の倫理学

伊藤道哉 著

初版刊行から10年が経ち、医療倫理を巡る情勢の激変に伴い全面改訂。とりわけ「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」等、終末期医療ガイドラインの整備や、ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する三省指針改正、臓器の移植に関する法律の改正等、最新の状況を反映した内容に改めた。また未曾有の大震災の経験から、危機管理に関する内容を加え、医療現場スタッフの便も図った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 患者の権利、医師の裁量、臨床倫理の原則、チーム医療、医療安全
  • 第2章 告知、インフォームドコンセント
  • 第3章 医療情報開示、個人情報保護
  • 第4章 臨床試験、GCP、利益相反
  • 第5章 遺伝子診断、遺伝子治療、遺伝カウンセリング、分子標的治療
  • 第6章 クローン技術、幹細胞研究、再生医療、生殖補助医療、エンハンスメント
  • 第7章 脳死、臓器移植
  • 第8章 緩和ケア、QOL
  • 第9章 終末期医療、安楽死、尊厳死、自殺幇助、生命維持治療の不開始・中止
  • 第10章 平時と大災害の医療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命と医療の倫理学
著作者等 伊藤 道哉
立花 隆
加藤 尚武
書名ヨミ セイメイ ト イリョウ ノ リンリガク
書名別名 Seimei to iryo no rinrigaku
シリーズ名 現代社会の倫理を考える / 加藤尚武, 立花隆 監修 2
出版元 丸善
刊行年月 2013.4
版表示 第2版.
ページ数 234p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-621-08672-8
NCID BB12348133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22247070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想