演劇人の本音

木村隆 著

演劇の本質に迫った、珠玉のインタビュー集。劇団民藝の公演パンフレットに連載された「会いたい」を再構成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人ズレしていない藤沢周平文学は魅力だ(吉永仁郎)
  • 喜劇の極致は「末枯れた笑い」(別役実)
  • いい俳優とは冒険心、挑戦心の強さ(丹野郁弓)
  • 山田太一ドラマの秘密とは…?(山田太一)
  • 役は浸かる、浸る、耽る、篭めるもの(大滝秀治)
  • プロとは俗にお金の取れる役者のこと(奈良岡朋子)
  • ドラマは書かない、人間を描くこと(小幡欣治)
  • 難題は「深海魚のような声」(日色ともゑ)
  • 人間嫌いの人間好き(南風洋子)
  • 娘から見た父・藤沢周平(遠藤展子)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演劇人の本音
著作者等 木村 隆
書名ヨミ エンゲキジン ノ ホンネ
出版元 早川書房
刊行年月 2013.3
ページ数 351p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-15-209362-2
NCID BB1234410X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22222611
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想