勝小吉と勝海舟 : 「父子鷹」の明治維新

大口勇次郎 著

勝小吉と勝海舟は、ともに閉塞した幕末江戸の下級旗本の世界に生まれた。小吉は脱出できなかったが、その代わり自叙伝のなかでその生活ぶりを描写してくれた。海舟は、黒船来航を機に、みずから閉塞社会に風穴を開けて飛びだすことに成功し、幕末の陸軍総裁、明治国家の伯爵にまでのぼりつめた。一八〇二年に生まれた親の小吉と、一八九九年に没した子の海舟が、二人して明治維新をはさむ十九世紀をフルに生きたストーリーである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 小吉の生涯-『夢酔独言』の世界(父子鷹
  • 養家と生家 ほか)
  • 2 麟太郎の小普請組脱出-咸臨丸で太平洋を渡る(16歳で家を継ぐ
  • オランダ語を学ぶ ほか)
  • 3 神戸海軍操練所の時代-夢の実現に向けて(幕府海軍の創建
  • 家茂の英断-操練所開設 ほか)
  • 4 敗戦処理の海舟-幕府の最期を看取る(しばしの閑居
  • 長州戦争の後始末 ほか)
  • 5 明治の海舟-「行蔵は我にあり」(明治政府の役職に就く
  • 伯爵に叙せられて ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 勝小吉と勝海舟 : 「父子鷹」の明治維新
著作者等 大口 勇次郎
書名ヨミ カツ コキチ ト カツ カイシュウ : フシダカ ノ メイジ イシン
シリーズ名 日本史リブレット人 066
出版元 山川出版社
刊行年月 2013.4
ページ数 94p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-54866-4
NCID BB12325400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22246267
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想