デカルトをめぐる論戦

安孫子信, 出口康夫, 松田克進 編

近世の哲学はデカルトから始まる。それ以降の哲学とは、哲学者たちがデカルト主義をめぐって戦った論争の歴史と言ってもよい。そのデカルト研究の、わが国における泰斗、小林道夫氏に対して、近世哲学、現代科学哲学の専門家がそれぞれの立場から論争を挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 哲学史編(「"私"とは何か」-パスカルの"私"とデカルトの"私"
  • スピノザによる"経験的"なデカルト批判
  • 懐疑の役割-デカルトとヒューム
  • ライプニッツとデカルト-科学の形而上学的基礎づけと無限小をめぐって
  • カントの「経験的実在論」について-小林道夫氏のカント解釈に寄せて
  • パースのデカルト批判
  • ベルクソンとデカルト)
  • 第2部 現代哲学編(誰よりも偉大なデカルト-デカルト=小林道夫氏の心の哲学について
  • 科学的実在論から超越論的哲学へ
  • 自然主義批判を批判する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デカルトをめぐる論戦
著作者等 出口 康夫
安孫子 信
松田 克進
書名ヨミ デカルト オ メグル ロンセン
書名別名 Dekaruto o meguru ronsen
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2013.3
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87698-264-6
NCID BB12324077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22234076
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想