入門世界の経済 : グローバリゼーション500年の歴史から何を学ぶか

中尾茂夫 著

1492年のコロンブスのサン・サルバドル島到着は、西洋優位のグローバリゼーションという時代に道を開いた。それは、19世紀のパックス・ブリタニカ、20世紀のパックス・アメリカーナをへて、今に続く。500年余にわたる世界の歴史的発展のロジックを追い、アジア・ブームや日本の「失われた20年」までを俯瞰して、新たな歴史観を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 世界の経済then and now(歴史再考(変貌する歴史観
  • パックス・ブリタニカの世界)
  • パックス・アメリカーナの世界(アメリカ・モデルとは何か
  • 冷戦後世界&ニューエコノミー))
  • 第2部 日本とアジアat present(激動の日本(日本とは何か?
  • 日米中トライアングル
  • 挫折した日本のアジア戦略)
  • 激動のアジア(アジアの消費と物流
  • アジアの勢い))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門世界の経済 : グローバリゼーション500年の歴史から何を学ぶか
著作者等 中尾 茂夫
書名ヨミ ニュウモン セカイ ノ ケイザイ : グローバリゼーション ゴヒャクネン ノ レキシ カラ ナニ オ マナブカ
書名別名 Nyumon sekai no keizai
出版元 文眞堂
刊行年月 2013.3
ページ数 217p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8309-4789-6
NCID BB12318165
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22236315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想