文学は〈人間学〉だ。

佐藤泰正, 山城むつみ 著

人間という矛盾の塊は、どう救われていくのだろうか。それを突き詰めて表現する「文学」を語り尽くす、二つの渾身の講演録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文学が人生に相渉る時-文学逍遙七五年を語る(十六歳のドストエフスキイ
  • 早稲田にて
  • 衝撃のドストエフスキイ
  • 志村ふくみさんとドストエフスキイ
  • ドストエフスキイと日本の文学者たち ほか)
  • 2 カラマーゾフの"人間学"(佐藤先生からの電話
  • 文学は"人間学"
  • 「父殺し」から遠く離れて
  • 最小限のあらすじ
  • 川の両岸が交わるところ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学は〈人間学〉だ。
著作者等 佐藤 泰正
山城 むつみ
書名ヨミ ブンガク ワ ニンゲンガク ダ
出版元 笠間書院
刊行年月 2013.4
ページ数 204p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-305-70694-2
NCID BB12314630
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22259011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想