危機の国際政治史

柳沢英二郎, 加藤正男, 細井保, 堀井伸晃, 吉留公太 著

帝国主義の時代への契機となった「1873年の大不況」から2010年代の世界情勢まで、国際政治史上における重大事件の経緯と、それにいたる諸国の動向、指導者たちの決断を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 帝国主義の時代と第一次世界大戦1873〜1917
  • 第一次世界大戦の終結とヴェルサイユ体制の成立1917〜1920
  • 恐慌前の一時的な安定期1921〜1930
  • 世界恐慌と台頭するファシズム1929〜1939
  • 第二次世界大戦1939〜1945
  • 戦後秩序の構築1945〜1947
  • 冷戦時代の幕開け1947〜1953
  • 変容する冷戦1953〜1962
  • キューバ危機と核戦争の恐怖1957〜1963
  • ベトナム戦争と「多極化」への道1963〜1970〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危機の国際政治史
著作者等 加藤 正男
吉留 公太
堀井 伸晃
柳沢 英二郎
細井 保
書名ヨミ キキ ノ コクサイ セイジシ : センハッピャクナナジュウサン ニセンジュウニ
書名別名 1873~2012

Kiki no kokusai seijishi
出版元 亜紀書房
刊行年月 2013.4
ページ数 512p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7505-1301-0
NCID BB12310050
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22239211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想