古代日本神話の物語論的研究

植田麦 著

古代日本神話における"語り"の機能性について論じる。本書では、オーラルあるいはフォークロアとしての"語り"を考えるのではなく、物語論=ナラトロジーのなかでの"語り"の考究を目指す。たとえば『古事記』のなかに物語の世界があって、それがどのように形作られているのか、その物語の方法を考える。個々の表記を手掛かりとして、作品の物語世界の構造に迫った一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古事記の時間表現(古事記上巻の「天下」
  • 黄泉比良坂と伊賦夜坂
  • 古事記における「至今」型形式とその機能)
  • 第2章 日本書紀の時間表現(日本書紀の「今」
  • 日本書紀の「古」「昔」
  • 日本書紀の冒頭表現)
  • 第3章 古事記の名と称(古事記における「子」と「御子」
  • 本牟智和気御子と品陀和気命)
  • 補論1 「黄泉比良坂」追考
  • 補論2 先代旧事本紀の文末助字

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代日本神話の物語論的研究
著作者等 植田 麦
書名ヨミ コダイ ニホン シンワ ノ モノガタリロンテキ ケンキュウ
書名別名 Kodai nihon shinwa no monogatarironteki kenkyu
シリーズ名 研究叢書 433
出版元 和泉書院
刊行年月 2013.4
ページ数 241p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7576-0660-9
NCID BB12308795
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22243903
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想