福島原発事故はなぜ起こったか : 政府事故調核心解説

畑村洋太郎, 安部誠治, 淵上正朗 著

私たちはあの大事故から何を学んだのか?政府・自治体・東電・そして日本社会…畑村委員長はじめ、事故調中心メンバーが調査でわかったこと、そして報告書に書けなかったことを含め、失敗の本質をズバリ解説。原発再稼働、除染にも一石を投じる書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東日本大震災と福島第一原発事故
  • 第2章 福島第一原発で起こったこと
  • 第3章 政府と地方自治体の失敗
  • 第4章 東京電力の失敗と安全文化
  • 第5章 なぜ被害が拡大したか
  • 第6章 福島事故の教訓をどう生かすか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福島原発事故はなぜ起こったか : 政府事故調核心解説
著作者等 安部 誠治
淵上 正朗
畑村 洋太郎
書名ヨミ フクシマ ゲンパツ ジコ ワ ナゼ オコッタカ : セイフ ジコチョウ カクシン カイセツ
書名別名 Fukushima genpatsu jiko wa naze okottaka
出版元 講談社
刊行年月 2013.4
ページ数 207p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-06-218297-3
NCID BB12305221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22242245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想