民事訴訟法 = Civil Procedure and Evidence

川嶋四郎 著

「『民事訴訟』から『民の手続』へ」を基調とした画期的な体系書。「当事者の視座」から「救済志向の民事訴訟法」をどのように構築すべきであるかという基本的な問題意識のもとで、日本民事訴訟法の理論と手続を、具体的かつ網羅的に論じた民事訴訟法の基本書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 民事訴訟の世界-救済創造過程としての判決手続
  • 第1章 当事者-民事訴訟における救済主体
  • 第2章 裁判所-民事訴訟における救済機関
  • 第3章 訴え-救済の申立てと救済形式
  • 第4章 審理の手続-救済手続としての審理手続
  • 第5章 証拠-裁判資料の収集と評価等
  • 第6章 当事者の行為による訴訟の終了-救済創造過程の終了形態(その1)
  • 第7章 判決-救済創造過程の終了形態(その2)
  • 第8章 複数訴求訴訟-複雑な救済創造過程(その1)
  • 第9章 多数当事者訴訟-複雑な救済創造過程(その2)
  • 第10章 上訴-救済再考過程(その1)
  • 第11章 再審-救済再考過程(その2)
  • 第12章 簡易救済手続

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民事訴訟法 = Civil Procedure and Evidence
著作者等 川嶋 四郎
書名ヨミ ミンジ ソショウホウ
書名別名 Civil Procedure and Evidence
出版元 日本評論社
刊行年月 2013.4
ページ数 1011p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-51484-3
NCID BB12277283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22245377
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想