エシックス・センス : 倫理学の目を開け

新名隆志, 林大悟 編

倫理の"感性"を研ぎ澄ます。家族、労働、正義、差別、宗教など、9つのテーマを易しく倫理学的に語る、読めば「倫理学的視点」が身につく入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 どこから「差別」になるの?
  • 第2章 事実を知ればすべきことが分かる?
  • 第3章 家族の問題に口出しすべきじゃない?
  • 第4章 悲しみをどう乗り越える?
  • 第5章 私たちはなぜ働くのか?
  • 第6章 民主主義でどこまでいける?
  • 第7章 正義の暴力なんてあるの?
  • 第8章 これって僕らの責任?
  • 第9章 宗教って怖い?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エシックス・センス : 倫理学の目を開け
著作者等 新名 隆志
林 大悟
書名ヨミ エシックス センス : リンリガク ノ メ オ ヒラケ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2013.4
ページ数 264p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-0726-7
NCID BB12262887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22240804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想