プライドの社会学

奥井智之 著

一般に、心理学の研究対象となっている「プライド」。しかしそれに、社会学的に接近することも可能ではないか。自分に「誇り」をもつことは、まさに自他=社会関係のなかで生起する出来事であるから。プライドをもって生きることは、たえず「理想の自己」をデザインすることに等しい。わたしたちにとってそれは、夢か、はたまた悪夢か。プライド-この厄介な生の原動力に、10の主題を通して迫る社会学の冒険。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自己-はじめに行動がある
  • 第2章 家族-お前の母さんデベソ
  • 第3章 地域-羊が人間を食い殺す
  • 第4章 階級-どっちにしても負け
  • 第5章 容姿-蓼食う虫も好き好き
  • 第6章 学歴-エリートは周流する
  • 第7章 教養-アクセスを遮断する
  • 第8章 宗教-神のほかに神はなし
  • 第9章 職業-初心を忘るべからず
  • 第10章 国家-国の威光を観察する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プライドの社会学
著作者等 奥井 智之
書名ヨミ プライド ノ シャカイガク : ジコ オ デザイン スル ユメ
書名別名 自己をデザインする夢
シリーズ名 筑摩選書 0065
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.4
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01571-6
NCID BB12259000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22279543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想