「育メン」現象の社会学

石井クンツ昌子 著

どのような環境や意識があれば、父親は育児・子育てにかかわれるのか。育メン現象の実態を解明し、国際比較を通して今後の方途を探る。ポジティブ家族社会学を提唱した意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 育メンとは
  • 第1部 育メンの歴史・社会・文化(育メンの歴史的背景
  • 育メンの社会・文化・政治的背景)
  • 第2部 育メンの社会学(育メン現象と社会学理論・研究手法
  • どのように育メンになるのか)
  • 第3部 育メンと家族(育メンがもたらすもの
  • 育メンの多様性)
  • 育メン研究から何を得るのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「育メン」現象の社会学
著作者等 Ishii-Kuntz, Masako
石井クンツ 昌子
書名ヨミ イクメン ゲンショウ ノ シャカイガク : イクジ コソダテ サンカ エノ キボウ オ カナエル タメ ニ
書名別名 育児・子育て参加への希望を叶えるために
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.4
ページ数 307,5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06608-7
NCID BB12257741
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22238312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想