加藤周一 : 二十世紀を問う

海老坂武 著

言葉を愛した人・加藤周一は、生涯に膨大な書物を読み、書き、そして語り続けた。それはまた、動乱の二十世紀を生きぬきながら、これを深く問い、表現する生でもあった。その全体像はどのようなものだったか。同時代を生きてきた著者が、加藤の生涯をたどりつつ、我々の未来への歩みを支える力強い杖として、今ひとたび彼の言葉を読み直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "観察者"の誕生
  • 第2章 戦後の出発
  • 第3章 "西洋見物"の土産
  • 第4章 雑種文化論の時代
  • 第5章 一九六〇年代-外からの視線
  • 第6章 "日本的なもの"とは何か-"精神の開国"への問い
  • 第7章 希望の灯をともす

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 加藤周一 : 二十世紀を問う
著作者等 海老坂 武
書名ヨミ カトウ シュウイチ : ニジッセイキ オ トウ
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1421
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.4
ページ数 241,2p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431421-9
NCID BB1224172X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22249021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想