人類哲学序説

梅原猛 著

日本には、「草木国土悉皆成仏」という偉大な思想がある-。原発事故という文明災を経て、私たちは何を自省すべきか。デカルト、カント、ニーチェらを俎上に近代合理主義や人間中心主義が置き去りにしてきたものを吟味、人類の持続可能な未来への新たな可能性を日本の歴史のなかに見出す。ここに、「人類哲学」が誕生する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜいま、人類哲学か(哲学とは「人間はどう生きるべきか」を自分の言葉で語るもの
  • 原点となった戦争体験 ほか)
  • 第2章 デカルト省察(なぜ、デカルトか
  • 『方法序説』の誕生
  • 第一〜第四の方法-学問の方法 ほか)
  • 第3章 ニーチェ及びハイデッガー哲学への省察(ニーチェ
  • ハイデッガー)
  • 第4章 ヘブライズムとヘレニズムの呪縛を超えて(ヨーロッパ文明の父と母
  • ヘブライズムと近代 ほか)
  • 第5章 森の思想(草木国土悉皆成仏
  • 水を守るもの ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類哲学序説
著作者等 梅原 猛
書名ヨミ ジンルイ テツガク ジョセツ
書名別名 Jinrui tetsugaku josetsu
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1422
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.4
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431422-6
NCID BB12240793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22249535
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想