日本の景気は賃金が決める

吉本佳生 著

いま必要なのは、正社員の賃上げよりも派遣の時給アップだ!アベノミクスの成否を分ける日本経済の大問題を人気エコノミストが徹底解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 賃金格差を縮めれば、日本の景気は回復する
  • 第1章 日本経済の現状-過去六〇年で最悪でも、世界では優等生?
  • 第2章 日本銀行の罪-過去の金融緩和が賃金デフレを深刻にした
  • 第3章 金融政策のキホン-どのようにおこなうのか?
  • 第4章 金融緩和と公共事業拡大-効果を高めるには?
  • 第5章 賃金デフレと賃金格差-賃金格差縮小なくして、景気回復なし
  • 第6章 人を集めてサービス消費を増やせ-地価上昇を利用しよう
  • 終章 生活ダメージを抑えてインフレ目標を達成する方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の景気は賃金が決める
著作者等 吉本 佳生
書名ヨミ ニホン ノ ケイキ ワ チンギン ガ キメル
書名別名 Nihon no keiki wa chingin ga kimeru
シリーズ名 講談社現代新書 2205
出版元 講談社
刊行年月 2013.4
ページ数 302p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288205-7
NCID BB12235498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22238781
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想