「むつ小川原開発・核燃料サイクル施設問題」研究資料集

舩橋晴俊, 金山行孝, 茅野恒秀 編著

青森県下北半島には日本の地域開発と原子力政策に関わる壮大な構想と挫折、開発主体と住民運動の厳しい対抗の歴史が累積している。とりわけ六ヶ所村再処理工場を焦点にした核燃料サイクル問題は、日本の原子力政策の将来にとって死活的重要性を孕む。これらむつ小川原開発と核燃料サイクル施設に関する40年間の調査で得られた膨大な資料群から、280に及ぶ重要基礎資料を体系的に収録し、問題の歴史的経緯を解明するとともに、地域格差、地域開発、原子力政策、政策決定過程、倫理的政策分析等の問題分脈の下、直面する政策的課題と社会科学的問題点を摘出した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文篇(総説『「むつ小川原開発・核燃料サイクル施設問題」研究資料集』の意義と編集方針)
  • 資料篇(むつ小川原開発期
  • 核燃料サイクル施設問題前期-1984‐1995
  • 核燃料サイクル施設問題後期-1995‐2010
  • 他地域:むつ市、東通村、大間町の動向
  • その他-年表・意識調査など)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「むつ小川原開発・核燃料サイクル施設問題」研究資料集
著作者等 船橋 晴俊
茅野 恒秀
金山 行孝
書名ヨミ ムツ オガワラ カイハツ カク ネンリョウ サイクル シセツ モンダイ ケンキュウ シリョウシュウ
出版元 東信堂
刊行年月 2013.2
ページ数 1496p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-7989-0163-3
NCID BB12227547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22218545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想