田口卯吉の夢

河野有理 著

自己利益のみを追う人々が共存する、世界大に広がる秩序。これこそ、田口卯吉の夢見たネオ・リベラルな商業共和国である。人々の情熱が惹き起こした明治革命をかろうじてくぐり抜けた彼が、この世界像を手放さなかったのは、いったいなぜなのか。はたして、そのような秩序は可能なのだろうか-。妥協なき彼の思想を、『日本開化小史』をはじめとする彼自身のテクストと、同時代のコンテクストとを綿密にたどり、縒り合わせ、解き明かしてゆく。寄る辺なく、すべてがあわただしい時代の真摯な思考が、"今"を刺戟する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 さまざまなる田口卯吉
  • 第1章 「理」とロビンソン
  • 第2章 『日本開化小史』のhistoriography
  • 第3章 『日本開化小史』の筆法
  • 第4章 「郡県」の政治経済学
  • 第5章 「自愛」の秩序
  • 第6章 「地租増徴」の政治構想
  • 終章 田口卯吉の夢

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 田口卯吉の夢
著作者等 河野 有理
書名ヨミ タグチ ウキチ ノ ユメ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2013.4
ページ数 325,10p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7664-2040-1
NCID BB12225337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22233649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想