存在と時間  1

ハイデガー 著 ; 熊野純彦 訳

「存在すること」の意味はなにか。-一九二七年、マルティン・ハイデガー(一八八九‐一九七六)は『存在と時間』を発表、鮮烈な問いで哲学界の地形を一変させた。生まれでる思考の彩りをも伝える正確な訳文に、注解・訳注、全体を見通す梗概を付す、画期的新訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 存在の意味への問いの呈示(存在の問いの必然性と構造、ならびにその優位
  • 存在の問いを仕上げるさいの二重の課題 探究の方法とその概略)
  • 第1部 時間性へと向けた現存在の解釈と、存在への問いの超越論的地平としての時間の解明(現存在の予備的な基礎的分析)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 存在と時間
著作者等 Heidegger, Martin
熊野 純彦
ハイデガー
書名ヨミ ソンザイ ト ジカン
書名別名 Sein und Zeit
シリーズ名 岩波文庫 33-651-1
巻冊次 1
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.4
ページ数 532p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-336514-4
NCID BB12218364
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22247944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想