グローバル金融資本主義のゆくえ : 現代社会を理解する経済学入門

鳥谷一生, 松浦一悦 編著

アメリカ発世界金融危機は、各国に飛び火し、日本をはじめアジア諸国にまで深刻な打撃を与えた。本書は、こうした世界的な経済・金融危機が身近に重大な影響を与えるシステム=グローバル金融資本主義を理解し、適切な判断が可能になることを目指す。第1部で基本理論を平易に説明し、第2部では世界経済・金融システムの歴史を取り上げた後、現在の課題を詳解、未来に向けた改革も意識しつつ、今後のあり方を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • グローバル金融資本主義とは何か
  • 第1部 理論編(貨幣と通貨
  • 商業銀行と中央銀行
  • 金融市場・金融政策・信用秩序政策
  • 国民所得と貯蓄・投資バランス ほか)
  • 第2部 歴史・分析編(ブレトン・ウッズ体制と変動相場制への移行
  • 戦後日本経済の歩み-高度経済成長とその終焉
  • 欧州経済・通貨統合-ユーロの位置
  • 発展途上国と経済社会開発-独立・社会主義の挫折と開発戦略の旋回 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル金融資本主義のゆくえ : 現代社会を理解する経済学入門
著作者等 松浦 一悦
鳥谷 一生
書名ヨミ グローバル キンユウ シホン シュギ ノ ユクエ : ゲンダイ シャカイ オ リカイ スル ケイザイガク ニュウモン
書名別名 Gurobaru kin'yu shihon shugi no yukue
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.4
ページ数 324p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-06578-3
NCID BB12217907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22231322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想