教養の力 : 東大駒場で学ぶこと

斎藤兆史 著

一九九〇年代、大学から「教養」の名を冠した学部が次々に姿を消した。それに呼応する形で専門知・実用知の優位性が喧伝されると、いまや「教養」はかつてのエリート達による懐古趣味のようなカビ臭い存在になってしまった感がある。しかし、本来の教養は、行き過ぎた専門知の追究に対して物事を多角的に捉える視点を与えるものでもあった。本書では、そうした意義に加え、人格的な豊かさを体現するためにも不可欠な教養の意味を問い直し、今の時代にも活きる新しい形を提示する。東大教養学部で長年教えた著者が授ける教養の力。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「教養」は変質しているか(教養人をイメージしてみる
  • 「なんとか教養」の謎 ほか)
  • 第2章 学問/知識としての教養(ヨーロッパにおけるリベラル・アーツの起源
  • 中国から輸入した教養 ほか)
  • 第3章 教え授ける/修得する行為としての教養(教養は誰がどのように授けるものか
  • 高校の授業の余談における教養教育 ほか)
  • 第4章 身につくものとしての教養(知識
  • 知的技術 ほか)
  • 第5章 新時代の教養(情報処理の今、昔
  • 情報選別の基準その一-情報提供源の信頼性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教養の力 : 東大駒場で学ぶこと
著作者等 斎藤 兆史
書名ヨミ キョウヨウ ノ チカラ : トウダイ コマバ デ マナブ コト
シリーズ名 集英社新書 0685
出版元 集英社
刊行年月 2013.4
ページ数 183p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720685-2
NCID BB12217306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22236503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想