ミクロ経済学と時事問題 : 民営化から再販制度まで

高崎仁良 著

国鉄を地域で分割して民営化したのは間違いだった?再販制度は生産者も流通業者も消費者も得をする?ミクロ経済理論を現実の問題に適用することで、俗説・俗論のウソを見抜く。経済学はやっぱり役に立つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(民営化と産業再編成
  • ミクロ経済学から見た最近の時事問題 ほか)
  • 第2部(石油の価格
  • 石油輸入節減目標達成への道:その具体的方策をめぐって)
  • 第3部(円高と企業収益
  • 公共部門における円高差益の還元 ほか)
  • 第4部(海運業の産業特性
  • 海運政策に関するひとつの提案)
  • 第5部(再販制度の再考察
  • M&Aと国民経済 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミクロ経済学と時事問題 : 民営化から再販制度まで
著作者等 高崎 仁良
書名ヨミ ミクロ ケイザイガク ト ジジ モンダイ : ミンエイカ カラ サイハン セイド マデ
書名別名 Mikuro keizaigaku to jiji mondai
出版元 春風社
刊行年月 2013.3
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86110-346-9
NCID BB12216959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22222758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想