消されゆくチベット

渡辺一枝 著

二〇〇八年の騒乱以降、チベットの文化や伝統を消し去ろうとする圧力はより一層強められている。宗教活動の制限、チベット語教育への介入、天然資源の無秩序な採掘、厳しい言論統制など、中国による政治的、文化的弾圧は年々深刻化している。だが、チベット問題は、今、世界を覆うグローバル経済の面からも見る必要がある。そして、伝統や文化の継承は風前の灯のように見えるが、厳しい状況下でも懸命に文化や伝統を守り抜こうとするチベット人たちが多く存在するのだ。長きにわたって現地を取材してきた著者が、独自のルートでチベットの現況を詳細にルポルタージュする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ドンを探しに
  • 第2章 変容する食文化
  • 第3章 ダワのお葬式
  • 第4章 子供の情景
  • 第5章 伝統工芸の行く末
  • 第6章 「言葉を入れておく瓶はない」
  • 第7章 近代化の波

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消されゆくチベット
著作者等 渡辺 一枝
書名ヨミ ケサレユク チベット
書名別名 Kesareyuku chibetto
シリーズ名 集英社新書 0688
出版元 集英社
刊行年月 2013.4
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720688-3
NCID BB12208757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22238361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想