ロシア革命の考察

E.H.カー 著 ; 南塚信吾 訳

レーニン、ローザ、トロツキー、スターリン-政治的エリートによる革命を論じたソヴェト・ロシア史の基本書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ロシア革命-その歴史的意義
  • 2 『なにをなすべきか?』
  • 3 赤いローザ
  • 4 ボリシェヴィキのユートピア
  • 5 ソヴェト社会の構造
  • 6 上からの革命-集団化への道
  • 7 ソヴェト工業化の考察
  • 8 ソヴェト労働組合
  • 9 トロツキーの悲劇
  • 10 未完の革命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシア革命の考察
著作者等 Carr, Edward Hallett
南塚 信吾
カー E.H.
書名ヨミ ロシア カクメイ ノ コウサツ
書名別名 Roshia kakumei no kosatsu
出版元 みすず書房
刊行年月 1969
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-622-08358-0
NCID BB12207302
BN01862683
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73002568
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想