役員報酬改革論 : 日本経済復活の処方箋

神田秀樹, 武井一浩, 内ケ﨑茂 編著

減点主義から加点主義へ!インセンティブを高める新しい役員報酬の姿を、我が国を代表する識者が紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 座談会・役員報酬改革の新潮流と今後の諸論点(はじめに-役職員の報酬改革に関心が高まっている理由
  • 役員報酬体系の国際比較と今後日本企業に求められる改革 ほか)
  • 2 対談・経済成長戦略に資する報酬改革のあり方(日本の役員報酬の現状と課題
  • 望ましい報酬ミックスのあり方 ほか)
  • 3 長期インセンティブ役員報酬プランの実態と新潮流(米国における役員報酬制度の潮流
  • 日本の役員報酬の現状と機関投資家から見た課題 ほか)
  • 4 座談会・新しいエクイティ報酬(自社株報酬)導入に向けて(エクイティ報酬とは
  • 日本版ESOP ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 役員報酬改革論 : 日本経済復活の処方箋
著作者等 久保 克行
内ケ﨑 茂
弥永 真生
有吉 尚哉
武井 一浩
神田 秀樹
酒井 雷太
松尾 拓也
梅澤 典男
石田 猛行
内ヶ崎 茂
書名ヨミ ヤクイン ホウシュウ カイカクロン : ニホン ケイザイ フッカツ ノ ショホウセン
書名別名 Yakuin hoshu kaikakuron
出版元 商事法務
刊行年月 2013.4
ページ数 299p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7857-2077-3
NCID BB12203152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22246546
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想