「製図」のキホン : 見ながら理解する!ものづくりのための「機械製図」のルール

小峯龍男 著

初心者にも製図の要点が視覚的にわかるように、3D図面を多用し、実例を挙げて解説しています。製図には、JIS(日本工業規格)で規定された多くのルールが存在し、特殊な用語や記号も頻出します。そのため、一朝一夕に理解、上達するものではありませんが、楽しみながらコツコツと積み上げていけば、かならずスキルが身につきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 紙と鉛筆から始めよう(ものの成り立ちを描いた絵-図面と製図
  • 製図とコンピュータ-CAD製図 ほか)
  • 第2章 図面を描いて読むルール(図面はA判用紙に描く-製図用紙
  • 製図用紙のデザイン-図面の様式 ほか)
  • 第3章 工作方法と図面(思考から製作へ-設計と製図
  • 軸状部品加工の基本-旋削 ほか)
  • 第4章 標準的な部品を描くには(小さな重要部品-ピン
  • 動力伝達の基本部品-キー ほか)
  • 第5章 さあ図面に挑戦(小さな力もち-豆ジャッキ
  • 豆ジャッキの製図例1-組立図と本体 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「製図」のキホン : 見ながら理解する!ものづくりのための「機械製図」のルール
著作者等 小峯 竜男
書名ヨミ セイズ ノ キホン : ミナガラ リカイ スル モノズクリ ノ タメ ノ キカイ セイズ ノ ルール
シリーズ名 イチバンやさしい理工系 SBE-022
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2013.3
ページ数 206p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7973-7218-2
NCID BB1220223X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22221015
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想