科学と表象 : 「病原菌」の歴史

田中祐理子 著

細菌学の成立とともに、その歴史も誕生した。「では細菌もそのとき誕生したのか」との問いに、どのように向き合うのか。本書は、四人の「父」それぞれの認識のみならず、その衝突と対立、いや孤立をすら思考し、そこに初めて浮かび上がる歴史の力を批判的に捉えた斬新な著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 細菌学の歴史と細菌学の知覚
  • 第1部 前史とされたもの(フラカストロと伝染する病いのたね-「感覚できない極小の粒子」を見ること
  • レーウェンフックとアニマルキュール-「微生物との最初の接触」)
  • 第2部 細菌学という制度的知覚の誕生(パストゥールと胚種-微生物学の誕生
  • コッホと細菌学的方法-対象の完成と歴史の始まり)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学と表象 : 「病原菌」の歴史
著作者等 田中 祐理子
書名ヨミ カガク ト ヒョウショウ : ビョウゲンキン ノ レキシ
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2013.3
ページ数 271,53p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0727-6
NCID BB12201995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22240148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想