近世日本絵画の研究

田中敏雄 著

狩野元信、円山応挙といった著名画家の名品から地方の旧家に残る無名作家の作品まで。実地の検分を通して解明される近世日本画の技法と精髄。著者畢生の労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 狩野派の研究(狩野派様式の成立と展開
  • 狩野派の画論-粉本による「学画」 ほか)
  • 第2章 土佐派・諸派の研究(土佐一得考
  • 土佐光成筆 十二首和歌絵屏風について ほか)
  • 第3章 京都画壇の研究(遊魚図襖絵
  • 応挙筆「楚蓮香図」 ほか)
  • 第4章 大坂画壇の研究(本興寺(尼崎市)の障壁画
  • 大岡春卜筆「秋色山水図」について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世日本絵画の研究
著作者等 田中 敏雄
書名ヨミ キンセイ ニホン カイガ ノ ケンキュウ
出版元 作品社
刊行年月 2013.3
ページ数 544p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86182-412-8
NCID BB12199623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22228084
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想