人口減少社会という希望 : コミュニティ経済の生成と地球倫理

広井良典 著

私たちが直面しつつある「人口減少」問題は、悲観すべき事態ではなく、むしろ希望ある転換点、真に豊かで幸せを感じられる社会への格好の入り口ではないのか。明治維新以降そして第2次世界大戦後の日本人は、経済成長・拡大路線をひたすら走り続けてきた。人類史のなかで第三の定常化社会に入りつつある今こそ、人々の意識と社会のありようは大きな転換を迫られている。ローカルな地域に根ざしたコミュニティ経済と、「地球倫理」とも呼ぶべき価値原理。大佛次郎論壇賞ほか数多くの受賞歴をもつ著者が、日本が実現していくべき新たな社会像とその具体的イメージを大胆に提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人口減少社会という希望
  • 第1部 人口減少社会とコミュニティ経済-ローカルへの着陸(ポスト成長時代の価値と幸福
  • コミュニティ経済の生成と展開
  • ローカル化が日本を救う
  • 情報とコミュニティの進化
  • 鎮守の森・自然エネルギーコミュニティ構想
  • 福祉都市または人間の顔をした環境都市
  • 環境政治の時代-3大政党プラス"緑"へ
  • 緑の福祉国家あるいはエコソーシャルな資本主義)
  • 第2部 地球倫理のために-科学・宗教・福祉またはローカル・グローバル・ユニバーサル(「自己実現」と「世界実現」
  • 『古事記』と現代生命論-アジア/地球に開かれたアイデンティティに向けて
  • 「成長のための科学」を超えて
  • 「もうひとつの科学」は可能か
  • 統合医療の意味
  • 日本の福祉思想-喪失と再構築
  • 地球倫理の可能性
  • 自己形成的な自然-地球倫理と宇宙)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人口減少社会という希望 : コミュニティ経済の生成と地球倫理
著作者等 広井 良典
書名ヨミ ジンコウ ゲンショウ シャカイ ト イウ キボウ : コミュニティ ケイザイ ノ セイセイ ト チキュウ リンリ
シリーズ名 朝日選書 899
出版元 朝日新聞
刊行年月 2013.4
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-263001-8
NCID BB12196159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22236473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想