国家とインターネット

和田伸一郎 著

グローバリゼーションの時代、国家とメディアの関係は敵対か、はたまた共存か?IT技術は"人間"への福音か、それとも呪いか?-来るべき世界における権力・メディア・人間の関係を根底から考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ネットを"創造"したのは誰か
  • 第1章 三つの担い手(創造的生産集団/資本主義/国家との関係性についての理論的枠組み)
  • 第2章 国家とイノベーション
  • 第3章 国家とその"外部"
  • 第4章 新自由主義国家とインターネット
  • 第5章 アラブ動乱とソーシャル・メディア
  • 第6章 インターネットの軍事化
  • 終章 過剰露出される社会
  • さいごに 二一世紀は二〇世紀の遺産を食いつぶすだけなのだろうか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家とインターネット
著作者等 和田 伸一郎
書名ヨミ コッカ ト インターネット
シリーズ名 講談社選書メチエ 547
出版元 講談社
刊行年月 2013.4
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258550-7
NCID BB12193809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22234994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想