新琉球国の歴史

梅木哲人 著

東アジア世界のなかの琉球を再考する。本州とは異なる独自の国家形成と対外関係を持つ琉球国を、主に中国との関係に重点を置きながら論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 琉球国の成立・展開・終焉
  • 南島における国家形成(先史文化
  • グスク ほか)
  • 琉球統一国家の成立と展開(正史による王統の記述
  • 思紹・巴志の政権確立と王統 ほか)
  • 東アジア世界の変容と琉球(明朝の衰退と琉球
  • 応仁の乱と日明・日琉関係の変化 ほか)
  • 近世の琉球国(琉球仕置
  • 向象賢の政治-琉球国の近世的改革 ほか)
  • 琉球国の終焉(琉球藩の設置
  • 台湾出兵と互換条款の訂約 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新琉球国の歴史
著作者等 梅木 哲人
書名ヨミ シン リュウキュウコク ノ レキシ
シリーズ名 叢書・沖縄を知る / 法政大学沖縄文化研究所 監修
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2013.3
ページ数 250p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-588-32130-6
NCID BB12193274
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22261732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想